3D3D3D -ステレオ3D情報ブログ-

ステレオ3Dの情報をほぼ毎日更新!

NHK-MT

「8K+3D+22.2ch」によるVR作品が発表

これは凄そう

NHKエンタープライズら4社共同、「8K:VRライド featuring “Tokyo Victory”」を発表
http://panora.tokyo/22503/  
nhk_8kvrride
 
 記事より抜粋

「8K:VRライド featuring “Tokyo Victory”」は、東京をテーマに過去から現在、そして2020年に向かう様子を、時空移動しながら、8Kの実写とCGを組み合わせた映像をドーム型ワイドスクリーンとモーションライドで体感するコンテンツだ。音楽には、日本を代表するバンド・サザンオールスターズの楽曲である「東京VICTORY」が使用され、ゴーグルなどを使わずに“TOKYOバーチャル体験”を実現する。<>

「8K:VR」は、NHKエンタープライズとNHKメディアテクノロジーが共同開発したコンセプトだ。次世代テレビ放送規格「8Kスーパーハイビジョン」に3D映像技術を組み合わせた「8K+3D+22.2ch」による、世界初の「8K:VR」作品を共同制作。リアルな3D映像に加えて、迫力の360度音響やレーザー照明演出などを融合し、斬新なエンターテイメント体験としてデザインされている。昨年3月の「SXSW 2016」に「8K:VRシアター」として出展され「ゴーグルを使わないVR体験」として注目を集めた。「2016年度グッドデザイン賞」「Innovative Technologies2016選考委員特別賞」「ルミエール・ジャパン・アワード2016 3D部門グランプリ」を受賞している。
 

去年の3Dアワードは行けなかったんですよねぇ。 
今回はテキサスのイベントへ出展との事ですが、日本でも体験できる機会が欲しいところですね。 

8K☓3D☓22.2ch立体音響による映像作品がヒカリエで上映※

ただし…

8K×3D×22.2ch立体音響。未来のエンターテイメントを体感できるシアターにサカナクション
11月12日と13日、東京・渋谷ヒカリエに、未来のエンターテイメント空間を体感できる特設シアターが登場。サカナクションとコラボレーションし、8K☓3D☓22.2ch立体音響による映像作品『Aoi ─ 碧 ─ サカナクション』が上映される。

この作品は、株式会社NHKメディアテクノロジーと株式会社NHKエンタープライズが共同で手掛ける最新鋭のデジタルメディア技術“8K3Dテクノロジー”で制作された、世界初のエンターテインメントコンテンツ。映像の解像度はハイビジョンの16倍、さらに3Dテクノロジーによる立体化によって、実物と映像との区別がつかなくなるほどの未来的な空間を体感できるという。

(中略)

なお、この技術展は放送・メディア業界関係者が対象で、一般の入場は不可。しかし今回特別に、11月12日20時30分から、サカナクションのオフィシャルモバイル・スマートフォン向けサイトSAKANQUARIUM(A)会員対象で特別上映が行なわれる。

なんと、一般人は入場不可orz
InterBEEで見せてくれたりはしないんでしょうかねぇ。 
サカナクションのオフィシャルサイトの会員は、同じ場所で行われる特別上映会に応募ができるという事のようです。 

「大津波 3.11 未来への記憶」 3D初見レビュー

昨日観てきました、大津波 3.11 未来への記憶
表現が難しいところですが、観る価値のある映画だったと思います。

続きを読む

NHK-MTの震災記録映像が3D映画化決定

していたようです。結構前に(^^;

世界初の実写8K 3D作品も――NHKメディアテクノロジーが「創立30周年記念技術展」
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1410/06/news144.html 
ts_nttmt02

(一部抜粋)

同社では、「大津波3.11未来への記憶」の予告編(5分間)を技術展で上映するほか、本編を2015年3月に仙台で行われる「国連防災世界会議」の会場、および神戸にある「人と防災未来センター」で公開する予定だ。
さらに智片氏によると、国内外の3Dシアターでの公開も検討しているという。「一般の映画館で上映することが難しいのは承知しているが、ぜひ実現させたい」(智片氏)。

という事で、まだ公開劇場は決まっていないようです。
断片的にしか観た事がありませんが、震災の記録映像として価値があるのはもちろんですし、3D品質も高い作品だと思います。
是非全国公開して欲しいものです。 

「NHK-MT技術展」と「InterBEE」に行ってきた

行ってきました、「NHK-MT技術展」と「InterBEE」。
一応別開催みたいな感じでしたが、InterBEEの別会場みたいな感覚でした。
いつもどこかしら国際会議場で同時開催してますしね。

そんなInterBEEですが、本会場ではステレオ3Dの展示は見当たりませんでした。
キュー・テックのブースでくるみ割り人形の映像が流れていましたが、4Kアップコンバートの映像で、3Dではありませんでした。

なのでやはり今年の3D的見所はNHK-MTの創立30周年記念技術展ですね!
8K3Dの他にも、4K裸眼3Dや4K医療用3D、その他過去作品の裸眼3Dディスプレイでの展示など、1社だけ3D盛り沢山でした。
イベントステージでも3Dの話をしていました。

item_bottom
続きを読む

19日から「NHK-MT技術展」「InterBEE」が開催【追記】

いよいよ明日から!

【追記】
NHK-MTの8K3Dは、整理券方式で配布終了の場合があるとの情報をいただきました。
8K3Dが観たい方は早めに行った方が良さそうです!


NHK メディアテクノロジー 創立30周年記念技術展
http://www.nhk-mt.co.jp/30th/ 
item_bottom

InterBEE
http://www.inter-bee.com/ja/ 
logo_interbee_2014 

どちらも楽しみですねぇ。
金曜までなのでご注意を!

NHKメディアテクノロジーが11月に「創立30周年記念技術展」を開催

久々にNHK-MTの話題です!

世界初の実写8K 3D作品も――NHKメディアテクノロジーが「創立30周年記念技術展」 http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1410/06/news144.html 
ts_nttmt04
 
NHKメディアテクノロジーは、11月の国際放送機器展(InterBEE)開催に合わせ、同社の「創立30周年記念技術展」を幕張メッセで開催する。

世界初の実写8K 3D作品「WISH」をはじめ、医療現場向けの「4K 3D外科手術撮影システム」、東日本大震災の3Dドキュメンタリー作品「大津波 3.11 未来への記憶」(予告編)など、3D映像の価値を再確認できる展示をそろえる。

(以下略)

これは是非行きたい。
InterBEEと同じ11月19日(水)から21日(金)の開催との事です。 

デジタルコンテンツエキスポ2012のレポート その1 ~展示篇~

デジタルコンテンツエキスポ、通称DCEXPO、今年は木曜金曜と行って参りました。
今回は書く事が多岐に渡るので、3分割して書きます。
ポジティブ、ネガティブ、ポジティブの順になる予定です(爆)
続きを読む
最新コメント
オススメ3Dソフト
オススメ3Dゲーム
オススメ3D書籍
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 「キングコング 髑髏島の巨神」 3D初見レビュー
  • 「山田孝之3D」という良くわからない3D映画が公開に
  • 「パッセンジャー」 3D初見レビュー
  • 3月第4週公開の3D映画【追記】
  • 3月第4週公開の3D映画【追記】
  • 「アサシンクリード」 3D初見レビュー
  • 3月第3週公開の3D映画
  • VFX-JAPANアワード2017 先導的視覚効果部門 最優秀賞の作品が凄そう
  • 「8K+3D+22.2ch」によるVR作品が発表
  • 3月第1週公開の3D映画
アクセスカウンター

    Amazonおまかせリンク
    このブログについて
    記事検索
    New3DS向け3D動画集
    New3DSのカメラで読み取って下さい
    オススメ3DSソフト
    オススメ3D機器
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    タグクラウド
    livedoor プロフィール