3D3D3D -ステレオ3D情報ブログ-

ステレオ3Dの情報をほぼ毎日更新!

3Dプロジェクター

エプソンが新型3Dプロジェクターを発表

いいですねぇ。

約10万円Wi-Fi搭載、3D対応フルHD液晶プロジェクター dreamio「EH-TW5350」
http://ascii.jp/elem/000/001/041/1041096/ 
01_588x 

記事より抜粋

 エプソンは、3D対応フルHD液晶プロジェクター「dreamio(ドリーミオ)シリーズ」の新機種「EH-TW5350S」、「EH-TW5350」を8月20日に発表し、8月27日から発売する。

 本モデルは、エプソンのフルHD(1080p)液晶プロジェクターの製品群のなかではもっとも低価格に位置し、同社のベストセラー機であるTW5200の後継機種にあたる。

 TW5200は2000lmだったのに対し本モデルは2200lm、コントラスト比35000:1と基本性能が向上し、スマートフォンやタブレット、パソコンからMiracast、Intel WiDi、MHL接続、内蔵無線LAN(IEEE 802.11n)などで投写することができる。

(中略)

 EH-TW5350Sはスクリーン付きでエプソンダイレクトの販売価格は11万8778円、スクリーンなしのEH-TW5350は、エプソンダイレクト価格11万2278円。3Dメガネは付属しない。


なかなかコストパフォーマンス良さそうですかね。
またスカイツリーでイベントとかやるんでしょうか。

超短焦点3D対応DLPプロジェクタが8月20日に発売

これ良いですね。
イベントとかでの3D展示が捗りそうです。

Optoma、31cmから100型の投写が可能、超短焦点3D対応DLPプロジェクタ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150807_715581.html 
opt01_s

オーエスは、Optomaの超短焦点DLPプロジェクタ「EH320UST」を8月20日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は21万円前後。

Optomaの超短焦点DLPプロジェクタ「EH320UST」
 ミラー式の超短焦点プロジェクタで、31cmの距離から100インチの映像を投写できる。教室の黒板や会議室のホワイトボードなどに投写しやすく、ビジネス、文教での利用を想定しているほか、入力端子も豊富に備え、ホームシアターでの利用も想定している。
 
使用イメージ
 投写方式はDLPで、0.65型DC3のDMDパネルを採用。解像度は1,920×1,080ドット。輝度は4,000ルーメン、コントラスト比は20,000:1。光源は260Wのランプで、ユーザーが交換できる。
3D表示にも対応し、DLP Link方式とVESA 3D方式の2つに対応。HDMI 1.4bの入力も備え、Blu-ray 3Dの表示も可能。

(以下略)

でも当然アクティブシャッター方式なので、大勢で観るとなるとそこはお金が掛かっちゃいますねぇ。
もしMini Zスクリーン(リンク参照)がこれに対応できたら、すごく楽しい事になりそうな気がしますが…。


オプトマの独自規格「VESA 3D」についての記事がありました

これです。
ただ…

独自規格VESA 3Dの画質をチェック! オプトマプロジェクター“2つの3D”の実力を探るhttp://www.phileweb.com/review/article/201504/28/1620.html 
o9

一部抜粋

視聴に入る前に、まずはVESA 3D式とDLP Link方式の違いを簡単にご紹介しよう。従来のDLP Linkは、スクリーンに投写する映像に3D信号を乗せるというもの。その反射信号を専用のアクティブグラスで受信するため、赤外線方式(IR方式)のような外付けエミッターは不要だ。

 一方、VESA 3Dは3D信号にRF技術、つまり電波を採用している。ブロードな指向特性で同期範囲も広いため、エミッターとグラス間に障害物があってもほぼ影響なく3D視聴が楽しめる。また画像に3D同期信号を入れないため、色再現上有利なこともメリットだ。

(中略)

筆者が観た印象を率直に述べると、DLP Link方式は画質も立体感もメリハリ指向。VESA 3Dよりも飛び出しが強調ぎみで、明るくパンチ力があるから3D映像としてわかりやすいともいえる。「ライフ・オブ・パイ」や「アメイジング・スパイダーマン」、アニメの「ウォーキング・ダイナソー」などは感覚的にフィットした。輪郭も鮮明でハリがあり、「ライフ・オブ~」で突然虎が飛びかかってくるシーンなどはビックリさせられたほどだ。

 一方でVESA 3Dはというと、本格的かつナチュラルな3D映像で、積極的な飛び出しよりも遠近のバランス重視。フォーカスがより丁寧で、手前と奥の被写体をよりスムーズに描き分けるようなタッチと感じる。 「ライフ・オブ~」を例にとると、バックにある大海原と空の深さが自然な立体画像として描かれ、虎との位置関係が平面にならない。また、コントラスト感や色の忠実さなど、映像としてのクオリティの高さも感じられた。 

え、メガネの種類で立体感が変わるって、一体…
視聴機器による3Dの見え方の違いって、普通に考えれば

■画面サイズの差による立体感の差
■方式や各種速度によるチラつきの差
■分離の精度によるクロストークの度合い 

辺りだと思うんですが…
てか内容を良く見ると、どうも単に「VESA 3Dだとボヤける」 という事のようにも見えますね。
映像全体がボヤける事で、精細さが潰れてマイルドに見えるという事でしょうか(^^;

何にせよ、DLP Linkには劣ってそうな雰囲気です。

エプソンが民生向けハイエンドシアタープロジェクター「EH-LS10000」を発表

凄そうですね。

レーザー&新反射型液晶、4K相当。エプソン「EH-LS10000」の秘密 
  エプソンが、民生向けハイエンドシアタープロジェクター「EH-LS10000」を発表した。同機には「レーザー光源対応」「反射型液晶パネル採用」「4K表示対応」という3つの訴求ポイントが掲げられており、本稿ではこの3要素にスポットをあてた技術解説をお届けすることにしたい。

(中略)

さらに、対応駆動速度も向上させられており、EH-R4000時の120Hz/2倍速駆動対応に対し、EH-LS10000では、240Hz/4倍速駆動に対応する。3D立体視時においては、同一映像を左右それぞれで4倍速4度書きしてクロストークを低減させる480Hz駆動を行なう。

(中略)

 さて、この超解像チップの駆動速度限界のためなのか、反射型液晶パネル自体は480Hz駆動にまで対応しているにもかかわらず、3D立体視時には、疑似4K表示が行なえない仕様となっている。つまり、3D立体視時は「4Kエンハンスメント」機能は強制オフとなり、フルHD解像度までの3D立体視表示となる。


 3D立体視時には疑似4K表示が行なえない仕様は、実はJVCの最新D-ILA機「DLA-X700R」も同じだ。「フルHDコンテンツを超解像4K化して高品位に楽しみたいユーザー向け」ということであれば、3D立体視にもこの思想を反映して欲しかったところではある。 

(以下略) 

との事。
フレームシーケンシャルの要領で4Kを描画するプロジェクターという事のようですね。
3Dに関してはクロストークの低減に駆動速度を使うから、アップコンしての4K表示はできないと。
エプソンの3Dプロジェクターは元々クロストークが少なかったと思いますが、どんなものなのか気になるところです。 

オプトマが「VESA 3D方式」の3Dメガネとエミッターを発売

昨日リツイートした記事ですが。

オプトマ、“VESA 3D”方式の同社プロジェクター向け3Dメガネとエミッター
オプトマは、同社3D対応プロジェクター向けのオプション品である3Dアクティブグラス「ZF2300」と専用エミッター「BC300」を発売開始した。それぞれ価格はオープンだが、3Dアクティブグラス ZF2300が17,000円前後専用エミッター BC300が8,000円前後での実売が予想される。

ZF2300とBC300はセットで使用するもので、それぞれ単体では使用できない。3D同期方式には、IR方式ではなくほぼ無指向性のRF(電波式)技術を採用している。これにより、エミッターとアクティブグラスの間に障害物があっても、ほとんど影響を受けずに3D視聴が楽しめるとしている。

なお本製品の3D機能については、VESA Stereo規格によるオプトマ独自の制御・設計を投入し「VESA 3D」と呼称。3D SYNCポートのあるオプトマのプロジェクターで使用できる。対応モデルは、「HD90」「HD25LV(S1)」「GT1080」「HD26」「EH503(S1)」。なお、既に販売を終了しているモデルだが「HD33S1」と「HD83S1」でも使用できる。
との事。
DLP link方式という事になっていた過去の同社の製品も対応しているみたいですね。 
これを買えばRF方式対応になるわけですね。 

VESA 3Dという事は、NECのDLP Linkのプロジェクターにも使えそうですね。
JVCはどうでしょう。 

エプソンが今年も「3Dホームシアタープロジェクター体感イベント」を開催

今年もありました!

東京都・墨田区の東京ソラマチにて3D映像を体感できるイベント - エプソン
http://news.mynavi.jp/news/2014/10/30/282/  
001l
  
エプソンは2014年11月1日から11月9日まで、大画面で3D映画やゲームを体験できるイベント「3Dホームシアタープロジェクター体感イベント」を開催する。会場は東京都・墨田区の東京ソラマチ「スペース634」。入場は無料だ。

本イベントは、3Dホームシアタープロジェクターの迫力ある映像を体験できるイベント。150型の大画面にプロジェクター「EH-TW6600W」で3D映像を映し出す「迫力の3D映像体験コーナー」、6畳程度のスペースで実現可能な100型のリビングシアターにプロジェクター「EH-TW5200」で映像を映す「リビングシアターコーナー」、ゲーム機「Xbox One」を大画面で楽しめる「大画面ゲーム体験コーナー」、メガネ型デバイス「MOVERIO」を装着できる「スマートグラス体験コーナー」などを用意する。

実施期間は2014年11月1日から11月9日。開催時間は平日が12:00から20:00、土日祝日が10:00から20:00まで。6歳未満の3D映像視聴は不可。

例年通りの内容のようですね。
購入を検討されている方は、3D品質を確認する貴重なチャンスです。 

EPSONが新型3Dプロジェクターを発表

エプソン、無線接続&6畳間に置ける3Dプロジェクター
http://ascii.jp/elem/000/000/927/927230/ 
DSC07742_480x360

エプソンは8月27日、3D対応ホームシアタープロジェクター「dreamio(ドリーミオ)」シリーズから、「EH-TW6600W」/「EG-TW6600」、「EH-TW530S」/「EH-TW530」の4モデルを発表した。9月11日より発売する。
(以下略)


来ました、エプソン新機種!
8200シリーズはバージョンアップ?ってアップデートなのかな?
ミドルクラスに新型6600シリーズを投入で、従来の6200シリーズと7200は終了のようです。
小型モデルは新機種に置き換えで、下位モデルの5200シリーズのみ変更無しのようですね。
(参考にどうぞ:EPSONの3Dプロジェクター視聴イベントに行って来た -2013-
DSC07712_800x600

またスカイツリータウンでイベントをやるのでしょうか。
エプソンなので品質は間違い無いと思いますが、もしあったらまた観に行きたいと思います!

EPSONの3Dプロジェクター視聴イベントに行って来た -2013-

先日、東京スカイツリーのイベントに行って来たので、EPSONの3Dプロジェクターについて改めて紹介しようと思います。
わざわざ行くほどでは無いかも知れないなどと自分で書いておいて、自分ではわざわざ行きました(爆)
結果、説明員の方からお話を聞くこともできて、結構楽しかったです\(^o^)/
すみませんでした。

そもそもEPSONがスカイツリーで3Dプロジェクターのイベントをやるのは今回で3回目で、それ以前にも六本木ヒルズやらあちこちで体験イベントを開催していますね。
量販店でもデモ機を置いていれば頼めば見せてもらえますが、人の集まる場所で気軽に3Dが体験できるというのは良いですね。
しかもEPSONの3Dプロジェクターは3D品質は申し分なくコストパフォーマンスも良いので、オススメです。

event_mainvisual


続きを読む

EPSON「3Dホームプロジェクター体験イベント」今日から

今日から東京ソラマチ スペース634にてEPSONによる3Dホームプロジェクター体験イベントが開催中です。
http://www.epson.jp/products/dreamio/elp/event/
event_mainvisual

今までにも何回かやってるのとほぼ同じでしょうね。
機種は新型です。
3D品質は間違いないと思うので、興味のある方は是非。

ただ正直、遠くからわざわざこの為に行く程のものでは無いかも知れません。
これらの機種の視聴は、取り扱っている量販店でもできるのではないかと思います。

エプソン 3Dホームシアター体験イベント【追記】

先日ファイルウェブの記事をリツイートしましたが、11月23日からスカイツリーにて、エプソンの3Dプロジェクターのイベントがあります。

http://www.epson.jp/products/dreamio/elp/event/index.htm 

event_mainvisual


・実施期間

2012年11月23日(金・祝日)~2012年11月29日(木)

・実施時間

土・日:10時~20時
平日:12時~20時
初日23日は、13時~20時

・開催場所

東京スカイツリー イーストタワー5階「スペース634」

・アクセス

東京スカイツリー イーストタワーのホームページが開きます。

http://www.tokyoskytree-easttower.jp/location/  


前にも似たようなイベントがありましたね。
たぶん、遠くからわざわざ見に行く程のものではないだろうと思うのですが、近場の方、購入を考えている方には良いのではないでしょうか。 
ちなみに私は、遠いけど行こうかと思います(爆) 
続きを読む
最新コメント
オススメ3Dソフト
オススメ3Dゲーム
オススメ3D書籍
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 9月のスターチャンネルの3D番組
  • 「ワンダーウーマン」 3D初見レビュー
  • 「スパイダーマン:ホームカミング」 3D初見レビュー
  • 「とびだすプリパラ」の3D上映があるようです【訂正】
  • 「ターミネーター2 3D」 3D初見レビュー
  • 8月第2週公開の3D映画
  • 8月第2週公開の3D映画
  • 「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」 3D初見レビュー
  • 8月第1週公開の3D映画
  • 7月第5週公開の3D映画
アクセスカウンター

    Amazonおまかせリンク
    このブログについて
    記事検索
    New3DS向け3D動画集
    New3DSのカメラで読み取って下さい
    オススメ3DSソフト
    オススメ3D機器
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    タグクラウド
    livedoor プロフィール