先日観てきました、ファインディング・ドリー
良い映画でした。

 

内容について。
前作も3Dで観ましたが、当時のレビューを観ると「反則的に泣かされた」とかって書いてたんですがそこまで強い印象は残って無くて、今作もまぁ3Dだからという感じで観に行ったんですね。
ところが、これは良い映画でした! 

前作よりもキャラクター達の持つ障害が強調されているように感じました。
ドリーって忘れっぽい種族なのかと思っていたら今作ではまさかの描写ですし、ニモのヒレも妙に協調されてるシーンがありました。
それに他のキャラもみんな色んな方向にぶっ飛んでいるので、気持ちが落ち着く暇は無いし常にどこか不安な感じ?
でもそれらの効果もあってか、カタルシスが凄かったなと思います。
展開、演出、劇伴、全部合わさっての良い映画だったと思います。


3Dについて。
まぁ前作と同じような感じかなと思います。
水中の空間とか良い感じのシーンもありますし、終盤には結構見応えのあるシーンもありましたが、象徴的と言えるほどの3D的見せ場は無かったかなぁというところ。 
良かったとは思います。


という感じで、結構オススメできる1本だと思います。
号泣注意!