レビューが遅くなりましたが、先日観てきました!
マッドマックス 怒りのデス・ロード
2D-3D変換は良く出来ていましたし、内容も面白かったです。 

 
まず3Dについて。

恐らく全編2D-3D変換で、担当したのはおなじみステレオD。 
ちょっとおかしいところや、粗が目立つシーンも、いくつかありはしました。
が、やはり立体センスは良く、必要最低限よりは上の、出来の良い2D-3D変換だったと思います。

ちなみに全体的に結構立体感が強めでした。特に奥方向に。
それから、最後の方では思いっきり3Dを意識した演出がありました。
序盤の高いところから見下ろすシーンとかも良かったなぁ。

ただ、全体尺の割り合い的には、3Dが印象的だったシーンは多くは無かったかなという感じ。


内容について。

ちょっと、ツイッターとか観ているとあまりにも皆さん大絶賛されているので正直に書くのが怖いのですが…。
てかそもそも私は旧作は観ておらず、てっきりリブートか何かだと思っていたんですが、続編なんですね。

私の個人的な感想としましては世界観は凄いし映像的にも良く出来ているし面白かったんですが…。
基本的に、世紀末の世界を車で飛ばしてるシーンが続くんですよね。
そして登場人物はみんな灰汁が強くて、演出も結構どぎつい感じ。
そういうのが悪いという訳では無いのですが、ずっとそればっかりなので、ちょっと疲れたなというのが正直なところ(^^;
例えるならば、美味しいけど脂っこい一品料理をひたすら食べ続けたような、脳と目が胃もたれするような。 

てかたぶん、この映画を観に行っている人の大半は、そういうものだとわかった上でそういうものを求めて行っているのでしょうね。 


そんな感じで、好きな人にはたまらない作品なんだろうなと思います。
「世紀末の元ネタ」くらいしか前情報が無かった私でも、何だかんだ言っても十分面白かったです。
3Dも平均以上の良い出来でした。
3Dオススメ度は、凄い迷うところなんですが、6と8の間くらいというイメージでオススメ度7くらいかなと思います!

4DXがなかなか容赦なくて面白いという話を聞きますが、もう終わっちゃいましたかねぇ。
あと、吹き替え声優は意外な事に概ね悪く無かったです。
タレント声優は寡黙なキャラが多くて、良くしゃべるキャラはプロだったせいもあるとは思いますが。