毎度おなじみ3Dレビュー。
今回は 「アンダーワールド 覚醒」です。

3Dはなかなか良かったと思います。
そして、シリーズ初めて観たのですが、個人的に割と好きです(笑) 
 
まず3Dについて。

この作品は3D撮影でした。恐らく全編。
立体感はもう少し強くても良いんじゃないかとは思いましたが、 薄いという事はありませんでした。
観終わった後の目の疲労感はなく、それでいて薄い訳でも無かったので、なかなか良いバランスだったのでは無いかと思います。

普通のシーンも良く撮れていましたが所々に立体感を強調したシーンがあったのも良かったです。
手前に飛んでくる小物も面白かったですが、爆発の破片の立体表現がとても良かったと思います。

以前観た似たような内容の「プリースト」という映画では、デカい敵がかなり飛び出して襲ってきたのですが、思いきり画面からはみ出していた為に、飛び出している割にそう感じないという残念なカットがありました。
その点この映画は、デカい敵の本体は奥に置いて巨大感を出しつつ、その攻撃を手前に飛び出させる事で、大きさと飛び出しを上手く同時に表現できているなと思いました。

光の反射が左右で違って気になるシーンはいくつかありましたが、それ以外の立体的な破綻は無かったんじゃないかと思います。
というか、暗いし早いしライトはチカチカしてるしで、細かいとこは良くわからなかったというのが正直なところ(^^;
でも、少なくとも大きな問題はありませんでした。 


さて、若干ネタバレで内容について。
このシリーズは初めて観たんですが、正直意外と面白かったです(笑)
薄っいストーリーと、無敵主人公の有り得ないアクション。嫌いじゃないです。
しかも、ハーフの子供が覚醒すると最強という設定。
ド○ゴンボールか!(笑) 

そんな感じで、ちょいグロではありますが、難しい事考えずに楽しめる、なかなか良く出来た3Dアクション映画でした。