ようやく観れました、エクソダス:神と王
3Dは、飛び出し演出は無いものの、見事な奥行き表現で見応えありました。
内容はもまぁまぁ。

3Dについて。
基本撮影だと思いますが、2D-3D変換のカットもありました。
いくつか変換だな~と思ったカットはあったんですが、たぶんほんの一部だったと思います(^^;
スタッフロールにはそれなりの人数の変換スタッフがクレジットされていました。
変換の出来は良かったんじゃないかと思います。ステレオDです。

3D撮影のシーンも、目立ったズレも無く良く撮れていたと思いますが、やはり3D撮影だと遠方との距離の関係でシーンによって人の厚みに差が出てしまうなぁと思いながら観ていました(^^;
人間の目だったら、最奥のものとの距離なんて関係なく、厚みは一定に見えますもんね。
その点変換の方が目で見るイメージに近く出来るのかなと再認識しました。

3D的な演出については、飛び出すような演出はありませんでしたが、大群の表現が良かったですし、空から見下ろすシーンは視差強めで楽しかったですし、奥がドーンとなるシーンでは十分な視差があって良かったです。
特に終盤の例のシーンは、距離感・巨大感・迫りくる感じが上手く3Dで表現できていて、大迫力でした!


内容について。
モーゼのあの有名なお話を歴史映画っぽく仕上げたという感じでしょうか。
150分もある割にそこまで長く感じませんでしたし、割と疲れてたんですけど全く寝ませんでしたし、面白かったと言って良いんじゃないかと思います(爆)
途中「え?」ってなりましたが、まぁ10の軌跡になぞらえる為だから仕方ないのかなと…。

吹き替えキャストは、杏はやや違和感がありましたがそこまで酷くは無く、他はプロ揃いで良かったです。
しかしあの人はやはりコナンに聞こえてしまいますね(^^;


という感じで、内容は悪くないですし3Dは終盤に大きな見所があるしで、それなりにオススメできる感じです。
余談ですが、途中結構激しいアクションシーンがあるので、もしこれがHFRだったらもっと見栄えが良かったんじゃないかなとか思いました。



エクソダス:神と王 4枚組コレクターズ・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]
クリスチャン・ベール
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-06-03