書くのが遅くなってしまいました、観てきました「ミニスキュル 〜森の小さな仲間たち〜」。
色々と一言で表すのは難しい感じです。

  
まず内容について。
どんな内容かほぼ知らずに観に行ったんですが、実写の背景にCGのキャラクターという作品なんですね。
言葉として聞き取れるセリフはありませんでした。
虫の世界を、ディフォルメしつつ言語は使わずに表現したような感じ。
主人公のてんとう虫が他の虫と出合ったり巻き込まれたりという話です。

セリフが一切無いのと寝不足だったのとで、途中少々記憶が飛んでしまいました(^^;
面白さ的にはまぁまぁかなぁと思ったんですが、同じ回を見ていた子供達は「面白かった!」と言っていました。 
ギャグシーンで子供達の笑い声か聞こえたので、そういう意味でかも知れません。
テレビシリーズを見ておいた方が楽しめたのかも? 


3Dについては、良いところも悪いところも。
まず序盤からいきなり全カット縦ズレしまくりで、子供達多いのに大丈夫かコレと思いました(^^;
しかし、常にズレていたのは序盤の完全実写パートだけで、虫が出てきてからは時々しかズレなくなりました。

撮り方の問題でしょうか。
序盤以外のシーンでは2D-3D変換のシーンもあったのは間違い無いのですが、どのくらいの割り合いかは謎です。
かなり出来の悪い変換や、悪くはないけど変換とわかるシーンもありました。

ざっくり言うと、序盤と時々ズレの酷い3D撮影があり、出来の悪い2D-3D変換も時々あり、それ以外は無難な出来という感じです。 
3D演出が面白い見所も時々ありました。


そういう感じでした。
悪くは無いと思いますが、上映館数がかなり少ないという事もあるので、特にオススメという程でも無いかなというところです。
イオンシネマでもやっているとは限りませんし、やっていても2Dのみのところもあります。
観に行かれる方は事前に良く調べておいた方が良いでしょう。