裸眼3Dディスプレイを搭載するという噂のあったAmazonのスマートフォンですが、ステレオ3D=3D立体視に対応するわけではなく、3Dヘッドトラッキングに対応するという事だったようです。

Amazon、 独自スマートフォンFireを発表―3Dヘッドトラッキング機能を備えて199ドルから
http://jp.techcrunch.com/2014/06/19/20140618amazon-announces-the-fire-phone/ 
img_4408


Fireにはユーザーの顔の位置を認識する秘密の機能がある。Fireの表側の四隅にはそれぞれ赤外線カメラが埋め込まれており、ユーザーの顔位置に応じて前代未聞の3D効果を生み出す。
ただし3Dといっても画像が飛び出して見えるという普通の意味の立体視ではない。
ヘッドトラッキング・テクノロジーによってユーザーの顔とFireとの相対的位置関係に応じた画面が表示される。つまりFireのスクリーンという窓を通して現実の空間を眺めているようなイリュージョンが生じる。

との事。
これはこれで面白そうではありますが、残念!