観てきました、X-MEN: フューチャー&パスト
まぁいつも通りという感じでしょうか。
ZEROやSAMURAIよりは面白かったと思います。

 

  

まず一つ誤解していたんですが、ミスティークの声優は改悪という訳ではなくて、“若い時代の役者の吹替え”という扱いなんですね。 
訂正:ファーストジェネレーションにも出ていて役者さんは同じらしいので、吹替え改悪でした。

もちろん上手くはありませんが、そこまで酷くもありませんでしたし、そもそもミスティークはストーリーの中心ではあるもののそこまでセリフが多い訳でも無かったので、さほど気にはなりませんでした。


さて、3Dについてですが、この映画って全編2D-3D変換かと思っていたのですが、基本3D撮影だったんですね(^^;
でも正直、一部のシーンを除いてはどっちかわかりませんでした。
1カットだけ軽くズレがあるっぽいシーンはありましたが、他にはわかりませんでしたし、立体感の強調具合だとか粗が見えたりで変換だとわかったシーンはありましたが、ほとんどのシーンはどっちだか判別し辛い感じだったと思います。

演出に関しては、前半?5分の2くらい?のところでかなり良いなと思った3Dを生かした演出があったんですが、それ以降、それを上回る3D的なインパクトが無かったのが残念。
あのくらいの3D的な見所がせめて終盤にもう一回くらい欲しかったところ。

全体的にはまぁ無難に悪く無い出来という感じ。
ちょっと粗が気になったところもありましたが、少なくともSAMURAIのような酷さは全くありません。 


内容については、私はシリーズはファーストジェネレーション以外は観ているのですが、面白かったと思います。
この映画単品でも楽しめるとは思いますが、たぶんシリーズ全て観ていた方がより楽しめる構成にはなっていますね。
ただ…以下白文字でネタバレです

結局プロフェッサーが復活した経緯は説明無しだし、エリックが能力を取り戻した経緯も説明無しなんですよね。
あと、ミスティークが解剖されたみたいに言われていましたが、じゃあ過去作のミスティークは何だったのか。 

あと、センチネルのデザインが何だかなぁ(^^;
カプコンのゲームのイメージが強かったので、なんか…ダサい… 

タイムトラベルものが好きな人やシリーズファンにはオススメと言える気がします。
最後はちょっと何とも言えない感情が込み上げてきました。


まぁこのシリーズって3Dに限らず映像が面白いかどうかってミュータント能力次第なんですよね。
今回は色んな能力を持ったミュータントが出てきますし、1人すごく3Dを生かした能力も使ってくれるので、その点は良かったと思います。
凄く面白いという程ではありませんが、まぁ面白い、シリーズの中では面白い方、なのではないかなと思います。