ようやく観ました、ザ・クルーズ
安定のドリームワークス。

クルードさんちのはじめての冒険 3枚組3D・2Dブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
エマ・ストーン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-11-20


制作は、マダガスカルやヒックとドラゴンのチームのようですね。


まず立体感は、相変わらず良かったです。
てか、テレビで観ても強いと感じるくらい強視差です(^^;
奥行きは深過ぎずちょうど良く、手前方向もたっぷり使っています。
キャラクターの立体感は程良く強調され、3Dを意識した演出も多くて楽しいです。

ただやはり、キャラクターの立体感が強調してある分、一部キャラクター同士の距離が近過ぎるように感じました。
まぁ仕方無いのでしょう。
あと、水面の揺らぎが完全に左右で違って破綻しているシーンがありました。
尺が短いのでそんなには気にならないと思いますが。


内容なんですが、まぁ面白いんですけれども、いかにもアメリカンなノリでブラックジョークもキツめです(^^;
てかアメリカでさえも
精彩を欠いたユーモア」等と言われているようです。
ちょっとねぇ、ギャグがギャグに見えないというか笑えないというか。
最後は綺麗に纏まっていましたけどね。 

キャラクターデザインは全く日本受けしなさそうなので、日本ではBDスルーなのは仕方無いのかなという気もします。
逆に、BDスルーだとタレント声優にぶち壊される心配が無い点はむしろ良いですね。
日本語キャストは、てらそままさき朴璐美小野大輔
野沢雅子に、それ以外も実力派揃い。
声に関してはとても安定していて、安心して観る事ができました。 

あと、サラウンドがかなり良かったです。


BDには、ドリームワークスの新作「Epic」や日本未公開の「Tuebo」の予告編が2Dで収められていました。 
果たして日本公開はあるのでしょうか…。
タレント声優を回避できるのならBDスルーでも全然構わないのですが、「ガーディアンズ」のように3D版無しどころかDVDのみなんて事にならないで欲しいですね(^^;

【訂正】
Epicはドリームワークスじゃありませんでした(^^;
ブルースカイ・スタジオですね。