レビューを書くのも久し振りです(^^;
話題作「アイアンマン3」の3Dレビューです。

 

まず3Dについて。
良かったです。 
シリーズ同様、ステレオD社による2D-3D変換です。
3Dを意識したような演出も時々ありましたが、そうでなくともスーツ装着シーンや戦闘シーンが盛り沢山なこの映画は3Dの見応え十分。

そしてやはりステレオD、相変わらず上手にウソをついており、何気ない日常シーンでもたっぷりの立体感。 
今までにも何度も書いていますが、3D撮影じゃこんな立体感にはならない。でもこのくらいの立体感の方が面白い。という感じ。

ただ、顔の造形がシーンによってムラがあった気がするのと、俯瞰のシーンでもう少し人物を立たせても良かったんじゃないかなと思った所がありました。
あと一部、ちょっと立体感の怪しいシーンもあった気がします。

とはいえ、悪いという事はありませんし、むしろかなりレベルは高いです。 
海外の他の2D-3D変換会社、Legend 3Dプライムフォーカスは作品やシーンによって3Dクオリティがバラバラです。
ですがステレオDは、一定のペースで作品を作り続けていて、作品毎に3Dクオリティの差はあれど作品全体のクオリティはほぼ均一で、しかも水準が高い。
セミナーでもそういうお話がありましたが、ステレオDはクオリティコントロールが完璧なのでしょう。


さて、内容について(^^;
原作を知っている人にはネタバレがあるかも知れません。

少し長かったですし、ツッコミ所もありましたが、面白かったです。
アクション盛りだくさん、スーツも盛りだくさん。 
ピンチの連続と、予想外の展開。 

ただ、原作ファンの知人は、とあるキャラクターの扱いが残念だったと言っていました。
私も映画を観た後でパンフレットを読んでいたら、「旧2作からその存在を匂わせていたキャラクターがついに登場」みたいに書かれていて違和感を感じました。
そんな重要なキャラクターの扱いがあれ?
しかも、だとしたら辻褄が合わないような…?

あと、吹き替えはほぼ良かったのですが、麦人さんとかも良かったのですが、子役がちょっとイマイチでした。


という感じです。
アベンジャーズシリーズの1作として、期待通りといった所でしょうか。