ドットハックの初見3Dレビューです。
色んな点で惜しい!という感じでした。 
まず3Dに関してですが、良くも悪くもステレオレンダリング(3D撮影)だなという感じ。
明らかに破綻しているような所はありませんでしたが、立体感が物足りなく感じる部分もありました。
特に背景が薄い部分が目立ったように思います。
カットによってステレオベースやコンバージェンスポイントを変えたりはしなかったんじゃないかなという印象でした。
しかし、3D的な見所もありますし、破綻は無いと思うので、比較的良い3Dなのではないかと思います。
と言っても、全体で言ったら中くらいでしょうか。

それから、3Dにはあまり関係ありませんが、現実世界のCGやモーションが少し残念。
タッチの違いもあるのかも知れませんが、立体感も含めて、なんだか現実世界のほうがクオリティが低いように感じました。

さらに3Dと関係ありませんが、音響が残念でした。
終盤などは、凄くサラウンド栄えしそうな映像なのに、音響が全然面白くない。
生真面目に見えてるものの音しか聞こえないというか、もう少し大げさにしても良いんじゃないかと。
音響に関して一番「おおっ!」ってなったのは挿入歌でした。
サラウンドを一番生かしてたのは、街でおばちゃんが通過するシーンでした(笑)
もう何か所かくらいはありましたが、アクションシーンではありません。
とても勿体ない。


そして、
ここからはネタバレありです。

全く3Dに関係ありませんが、ストーリーと構成も惜しい。
まず序盤が間延びし過ぎでキツいです。
ゲーム世界に入るまでがテンポ悪すぎ。
序盤の全部のカットが半分の尺だったら丁度良いんじゃないかと思えるくらいでした。
一昔前のテレビゲームのデモシーンのようなテンポ感。 

それから、主観的な感想になりますが、終盤のストーリーが勿体ないなと思いました。
せっかく、“ゲーム世界でバグにやられると現実世界で植物人間になる”という設定があるのに、全然生かしてないなと。
最終決戦で仲間が誰もやられないんですもの。
みんな無敵じゃん。
もっと、ゲーム世界で次々と仲間がやられて、現実世界ではマトリックスみたいにバタバタ倒れてって、最後はヒロインが身も心もボロボロになって意識が飛びそうになりながら…
みたいな盛り上がりがあったら倍面白かったんじゃないかと。
身はボロボロになっていましたが、全然元気そうでした。


ネタバレは以上です。


と、3Dに関係ないところで長くなりましたが、映画としては私は好きです(爆)
ちなみに、非プロの声の出演は、意外と悪くはありませんでした。良くも無いですが。