3D3D3D -ステレオ3D情報ブログ-

ステレオ3Dの情報をほぼ毎日更新!

2015年07月

7月第5週公開 3D映画

今日公開でした!

ミニオンズ
 
  

グルー2は、もろもろ良いんだけどシナリオがちょっと…という感じだったので、ミニオンが主役のこれはむしろ期待してます。

このところ全然3D映画観に行けて無いよorz
明日明後日は行けるはず!
頑張って追い付きます! 

鳥取砂丘こどもの国で「飛び出す!こどもの国シアター2015 3D」

というのが始まったらしいです。

「はなかっぱ」開幕 「3Dシアター」は25日から
一方、こどもの国では3Dシアターの開幕を前に試写会があり、会期中は前期と後期で入れ替わる「プリキュアオールスターズDX3Dシアター」と「仮面ライダー3Dバトルドライブ登場Ver.」を特別に同時上映した。


との事。
これって、 前からあるアミューズメント施設向けのコンテンツですね。
でもドライブ登場Ver.っていうのは新作カットがあるのでしょうか。
どちらもダイナモピクチャーズの製作みたいです。
http://dynapix.jp/amusement/ 

「エベレスト3D」のIMAX 3D公開が決定

日本での3D公開の決定に続き、IMAX 3D公開も決定しました! 

【109シネマズ】『エベレスト3D』[IMAX® 3D版] 11/6(金)公開決定!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000199.000001956.html 
d1956-199-792394-0 

こういうやつは大スクリーンで観た方が臨場感が凄そうですね。
IMAXもそれ以外も、11月6日(金)公開です。

シネ・ロック・フェスティバルの「U2 3D」は25日から

情報いただきました。
シネ・ロック・フェスティバルでの「U2 3D」の上映は今月25日からです。
ラインナップのところに「DCP・デジタル3D」と書いてありますから、3D上映という事で間違い無さそうですね。
映画館の方には特にタイトル以外3D表記が無いのがちょっと気になりますが…。 

http://www.cinerockfes.com/  
1
 
http://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/  

最近忙しくて、全然3D映画を観に行けていないんです(>_<)
これは歴史的な意味合いで観ておきたいなぁ。 

3次元空間のARユーザーインターフェース

これ楽しそうですねぇ!

まるでSF映画? 3次元空間のARユーザーインターフェース
https://newswitch.jp/p/1289 
phpLup6OW_559d9f4b745d5 



どうせなら3D動画にしといてくれたらNew3DSで観れるのになぁ。
でも、このくらいの埋め込みサイズなら頑張れば平行法で行けるはず!w

記事中には寄り目って書いてありますけど、それじゃあ左右逆ですやんね。

なお、DK2を買うなら公式購入サイトで買いましょう。
こちらも参考にどうぞ。

↓前にも書きましたが、
Amazonのはボッタクリなんで買っちゃダメです。

 

7月第3週公開 3D映画

明日公開の3D映画です!

インサイド・ヘッド 


う~ん、吹き替えがなぁ…。
あと、キャラクター名は日本語にする必要があったのでしょうか。
ヨココビにカナシミって…。

それから、日本語版主題歌を推してますけどどうなんでしょうね。 
日本語歌詞バージョンとかじゃなくて、完全にドリカムの歌なんですよね。
アナ雪は日本語歌詞バージョンの原曲がウケてたのに、なぜここで日本語版オリジナルの主題歌なんでしょうね。

色々とモヤモヤしそうな作品です(^^; 

【本当かい?】2D-3D変換の費用が半額になったらしい

ちょっとにわかには信じがたいのですが…

【超簡単! いまさら人に聞けない映像用語辞典】3D変換技術は1年で劇的向上、一方、費用は半額近くに!
3D変換を簡単に説明すると、2D映像を左右の視差(ひとつの対象物を見た時の右目と左目の差違)を持つ映像に編集し、深度(奥行き)を加えて立体映像化するものだ。異なる方法論やプロセスを有するさまざまな3D変換技術があるが、エンドロールに「3D CONVERSION」とある作品は全編(もしくは大半の場面)を3D変換した映画である。いまでは実写3D映画の7割以上が変換作品となっている。

この1年間を振り返っても、コンピュータの性能(処理速度)の向上により、3D変換の費用は半値近くに抑えられている。しかも変換技術は劇的に向上しているのだ。

 多くの変換技術用語なかでも重要なのは、ROTO(ロト)とDEPTH(デプス)。ROTOは2D画像内のあらゆる被写体の輪郭取り(トレース)作業のこと。DEPTHは、ROTOによる輪郭を基に白黒映像で3D空間の設計図を作り(黒=奥、白=手前)、細かな立体感をつける作業。このDEPTHを基に右目と左目の画像をレンダリング(コンピュータによる画像生成)し、試写室で立体感を確認していくのである。

 「3Dで作りたかったが、当時の技術では実現できなかった」とスピルバーグが語った『ジュラシック・パーク』。その3Dブルーレイが登場した。3D版『タイタニック』の完成度を目の当たりにして、3D化の思いが再熱したというが、その完成度は2D版よりはるかに高い。

オリジナル35mmネガから4Kスキャン/4Kワークフロー。3D変換担当は大手ステレオD社(『タイタニック』『GODZILLA/ゴジラ』)。全フレームのステレオ台本とワークブックを作り、膨大な量のROTO作業に取りかかる。DEPTH作業では数か所の変更がなされており、的確な立体感を得るためILMが3つのVFXを新規制作。さらにスピルバーグは雨、霧、煙等の加工も指示している。

いずれもオリジナルを損なわない加工となっているが、T-REX登場シーン等で確認できるはずだ。最終の合成作業が完了するまでに9ヵ月を費やし、L.A.とインドのスタジオで従事したスタッフ数は1200名を超える。それでも予定スケジュールと予算を下回ったという。
 一時期ほど3D作品数は減少したが、大作・話題作では3Dは欠かせない。次回はホームシアターにおける、正しい3D鑑賞の仕方についてのお話。

(文:堀切日出晴/オーディオ・ビジュアル評論家、オーディオ・ビジュアル・ライター)


との事。
この1年でコンピュータの性能というのはそんなに上がったんですか?(^^;
てか、「ジュラシック・パーク 3D」は2013年の作品なので、“この1年間”には全く無関係だと思うのですが、どの作品とどの作品の費用を比較して、この1年で半値近くになったと仰っているのか気になるところです。
あと変換技術が劇的に向上したと書いていますが、記事中に出てくる「ジュラシック・パーク 3D」2013年の作品ですし、「タイタニック 3D」2012年の作品ですね。
見出しだと1年で劇的向上となっていますがどこからどこの1年で劇的に向上したのでしょうか。
まさか上記2作は技術向上前の作品だなんて言いませんよね?
謎です。

そもそも、記事中にも重要なのはロトとデプスだと書いてあり、ロトは膨大な量とも書いてありますが、コンピュータの処理速度が上がっただけで、その膨大なロト作業が倍速でできるようになったというのでしょうか。

もし本当にここ1年で変換費用が半額になったのだとしたら、それは企業努力の賜物か、苦しい思いをしながら頑張っているかのどちらかではないかと思うのですが、どうでしょう。


↓それにしても、日本で発売されるまでに随分かかりましたね…
ジュラシック・パーク 3D+2D [Blu-ray]
サム・ニール
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-07-23

3DS版「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」の発売日が決定

セガ3D復刻プロジェクトの第16弾だそうです。
もちろん立体視対応。

『3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』配信日決定!立体視対応はもちろん便利機能も多数搭載
http://www.inside-games.jp/article/2015/07/15/89448.html  
590535 

eショップでは3D動画を配信中だそうです。
このシリーズ続きますねぇいいですねぇ。
任天堂も早くバーチャルボーイのソフトを出してくれないかな。


↓そういやまだちゃんとやってないや…

【悲報】「ファンタスティック・フォー」の3D版は無くなったらしい

本当なら残念過ぎるorz

Fantastic Four: Josh Trank drops 3D conversion
http://www.denofgeek.us/movies/fantastic-four/247654/fantastic-four-josh-trank-drops-3d-conversion 
fantastic_four_lead_4

正式な発表を待ちたいところですが、2Dのみなんですかねぇ。
3Dと相性が良さそうな題材なのに。 


↓旧シリーズの1作目が好きでした
ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [Blu-ray]
ヨアン・グリフィズ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-09-04

USJの3Dアトラクションについて

先日「エヴァンゲリオン ザ・リアル 4D」についてのみ感想を書きましたが、その他の3Dアトラクションについて書いておきたいと思います。

spm_mainpic

エヴァ以外に体験したのは、「セサミストリート 4-D ムービーマジック」「ターミネーター 2:3-D」、そして「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D」
「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」は3時間半待ちだったので断念。
「シュレック 4-D アドベンチャー」は、その場所と時間を使ってエヴァをやっていたので休止中でした。
3Dってこれで全部かと思っていたんですが、もしかしたら他にもあったりするんでしょうか。
既報の通り、今は他に「ワンピース プレミアムショー 2015」がありますね。
続きを読む
最新コメント
オススメ3Dソフト
オススメ3Dゲーム
オススメ3D書籍
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」 3D初見レビュー
  • PSVRがBlu-ray 3Dに対応するらしい
  • 2月第1週公開の3D映画
  • 2月のスターチャンネルの3D番組
  • 「ドクター・ストレンジ」 3D初見レビュー
  • 1月第4週公開の3D映画
  • 3Dが観れるテレビが無くなるかのような記事が出回っている模様
  • イオンシネマでポケモンの3D映画が再公開
  • 「ユニバーサル・クールジャパン2017」今日から
  • 「ユニバーサル・クールジャパン2017」今日から
アクセスカウンター

    Amazonおまかせリンク
    このブログについて
    記事検索
    New3DS向け3D動画集
    New3DSのカメラで読み取って下さい
    オススメ3DSソフト
    オススメ3D機器
    Amazonライブリンク
    QRコード
    QRコード
    タグクラウド
    livedoor プロフィール