3D3D3D -ステレオ3D情報ブログ-

ステレオ3Dの情報をほぼ毎日更新!

2014年10月

立川市緑町の国立極地研究所南極・北極科学館で3Dでオーロラが見れるらしい

こんな記事がありました。

体感!3Dオーロラ 世界初の装置常設 立川の南極・北極科学館
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20141016/CK2014101602000155.html 
PK2014101602100054_size0 

「3Dオーロラ」を実現するため研究所の片岡龍峰(りゅうほう)准教授は、八キロ離れた二つの地点で同時にオーロラを撮影。片方を左目用の映像に、もう片方を右目用にすることで3Dオーロラの仮想体験を可能にした。

との事。
ステレオベース8kmってすごいw
縦ズレとかは大丈夫なんでしょうかねぇ。 

【衝撃】信州大学病院がFA・システムエンジニアリングの裸眼3Dディスプレイを導入していた

先日のシーテックのレポートで酷評いたしましたFA・システムエンジニアリング(FACEと略すらしいです)の裸眼3Dディスプレイ。
なんと信州大学病院の脳神経外科手術に導入されているそうなのです。

FASEの医療用裸眼3Dモニター、脳神経外科手術で利用
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO78247500Q4A011C1000000/ 
IMG_0251

記事によると

信州大学病院は、内視鏡を併用する脳神経外科手術にこのモニターを導入。「奥行き情報を把握できる点で、脳腫瘍や脳卒中の手術に有効との評価を得た」(FASE 代表取締役で東京営業所 所長の中村康則氏)。

アレで正しい奥行きが把握できるんですかねぇ。
しかも脳神経外科手術…
脳の手術って、ガーゼが触れただけでも性格に影響が出ると言われるほどシビアなものじゃないんでしょうか? 

他意はありません、素朴な疑問です。


また記事中の写真のコメントには「“どぎつさ”の薄い自然な3D画像がウリだ」 って書いてありますが、「立体感の薄い不自然な3D画像」の間違いでしょう。

Oculus Rift『シドニアの騎士』継衛発進シーンが秋葉原で体験可能に

こんな記事がありました。
先日リツイートしたコンテンツが秋葉原で体験できるようです。

『シドニアの騎士』の継衛発進シーンをOculus Riftで体験しよう! “G-Tune:Garage”で新コンテンツを展示
http://dengekionline.com/elem/000/000/942/942542/  
gtune_001_cs1w1_400x 

CGですから当然立体視対応ですよね?
もし違ったらごめんなさい。
10月15日から11月15日までだそうです。
私も期間中1度は行っておこうと思います。 

New3DSが発売になりました

先週、ついにNew3DSが発売になりました。
私も店頭で見てきたのですが、3Dブレ防止機能はかなり良いなと思いました。
体感的に、左右30度くらい、上下10度くらいまでは正しく見えました。
反応速度も、わざと結構揺さぶってみましたが、しっかりついて来ていました。
これで3Dをオンにして遊ぶ人が増えたらいいなぁと思います。

しかしながら、一部ではいつもの液晶が黄ばんでる問題が勃発しているようですね。
あれって、黄ばんでいる個体に当たってしまったら諦めるしかないのでしょうか(^^;
そういう事があると、ちょっと手放しにオススメとは言い辛くなってしまいますねぇ。


それから、New3DSを買った知人で、New3DSはクソだと言っている人がいました。 
どういう事か話を聞いてみると、明るさが勝手に変わるというのです。
私も見せてもらったのですが、確かに、一定の明るさの元でやっているのに、勝手に明るさがコロコロ変わるという現象が起こっていました。
また、顔の位置を動かしていないの、立体感がパカパカとブレる現象も併発していました。
前者に関しては、解決ではありませんが明るさ自動調整をオフにすれば防げたのですが、後者に関しては2Dにしてもなんだか挙動がおかしく、原因不明でした。
その時には初期不良なのではないかと話していたのですが、その後その現象は収まったそうです。
何かしらの誤認識が起こっていたのでしょうか。 

結局何だったのかは良くわからないのですが、私もスマブラモデルが届いたら色々試してみたいと思います。
他にも同様の現象が起こった方がいらっしゃいましたら情報いただきたいです。


そしてなんとNew3DS、YouTube3Dに対応しているらしいです!
まだ実際には見ていませんが、ツイッターや掲示板でそのような報告が多数見受けられます。
いいですね!
New3DSが売れるという事は、YouTube3Dビューワーが売れるという事でもあるわけですね(爆)
しかもフェイストラッキングで見易い。
いいぞ3DS!頑張れ3DS!
ちなみに私が体験しにいった量販店では発売日の午後には全種完売していました(^^;
AmazonでもLLは品切れで高騰しているようです。ご注意ください。
スマブラモデルも既に予約を締め切っているよですね。
恐るべしNew3DS…。

ついでに、当ブログで紹介したYouTube3Dは3D動画カテゴリを選べば纏まって表示されますので、良ければどうぞ。
http://www.3d3d3d.info/archives/cat_635502.html

fbd6374f-s
 

シーテックジャパン2014に行ってきた

行ってきました、シーテックジャパン2014。
3D関係の展示も、多くはありませんでしたがありました。

3D映像を見る事が出来たのは、

  • EPSONのMOVERIO(シースルーHMD)
  • FA・システムエンジニアリングの「3D裸眼医療コンテンツ」
  • 法政大学 実世界指向メディア研究室の「HMD向け実写映像コンテンツ」
  • 中京テレビ放送・シャープの「First Person Viewの可能性」
といったところでした。

http://www.ceatec.com/ja/  
top_image_1006 

続きを読む

「親子で楽しむ高田馬場☆秋の宇宙教室」が10月19日に開催

というものがあるそうです。

【イベント】10/19(日)大迫力の3D映像で宇宙の銀河を探検してみよう! 「親子で楽しむ高田馬場☆秋の宇宙教室」
http://greenz.jp/2014/10/09/oyako_uchu-2/ 
211560_photo1

「親子で楽しむ高田馬場☆秋の宇宙教室」
【日時】
10月19日(日)14:00 – 16:00

【会場】

CASE Shinjuku(ケイス新宿)

JR山手線、地下鉄東西線、西武新宿線「高田馬場駅」から徒歩1分

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-28−10 三慶ビル4F

【プログラム】

1時限目 飛び出す宇宙!大迫力3Dスペース・トラベル 〜秋の星空から銀河探検へ〜

講師:福原将之氏(株式会社FlipSilverlining 代表)

2時限目 星の多島海、銀河宇宙

講師:内藤誠一郎氏(国立天文台 学術コミュニケーション支援機構 事務局長)

【イベント対象】

主として小学生とその保護者80名

※小学生向けの内容ですが、宇宙に興味のある人ならどなたでも参加できます。

※小学3年生以下のお子さまの場合は、必ず保護者同伴でお願いいたします(未就園児入場可)。 

楽しそうではありますが、写真を見る限り…アナグリフ?(^^; 

「New3DS LL スマブラエディション」がAmazonで予約開始

欲しい方は急いだ方が良いかも知れません。
私は既に予約しました。

 _SL160_





Newニンテンドー3DS LL 大乱闘スマッシュブラザーズ エディション
  


 
また、品切れの際に間違えてボッタクリ価格のを買わないようにご注意下さい。
定価18800円、税込みだと20304円です。 

NHKメディアテクノロジーが11月に「創立30周年記念技術展」を開催

久々にNHK-MTの話題です!

世界初の実写8K 3D作品も――NHKメディアテクノロジーが「創立30周年記念技術展」 http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1410/06/news144.html 
ts_nttmt04
 
NHKメディアテクノロジーは、11月の国際放送機器展(InterBEE)開催に合わせ、同社の「創立30周年記念技術展」を幕張メッセで開催する。

世界初の実写8K 3D作品「WISH」をはじめ、医療現場向けの「4K 3D外科手術撮影システム」、東日本大震災の3Dドキュメンタリー作品「大津波 3.11 未来への記憶」(予告編)など、3D映像の価値を再確認できる展示をそろえる。

(以下略)

これは是非行きたい。
InterBEEと同じ11月19日(水)から21日(金)の開催との事です。 

シーテックジャパン2014、7日から開催

明日からシーテックですよ!

http://www.ceatec.com/ja/  
top_image_1006
 
果たして3Dに関する新しい展示はあるのでしょうか。
少なくとも、3D対応の新型テレビやなんかは展示されるでしょうね。
残念ながらソニーは今年はなぜか出展しないそうなので、モーフィアスは見れませんね。

3D動画紹介 「Bird Bird Bird - in 3D」

SEKITANI Takashiさんの作品です。
いつも素晴らしいですねぇ。

 

ステレオベースは10メートルくらい取っている感じでしょうか。
ここまで出来る方は少ないでしょう。
最新コメント
オススメ3Dソフト
オススメ3Dゲーム
オススメ3D書籍
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
ギャラリー
  • 「第19回東京フィルメックス」で謎の3D映画が上映
  • 「ジオストーム」 3D初見レビュー
  • TOHO日劇が閉館イベントでアバター等リバイバル上映
  • 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」 3D初見レビュー
  • 12月第3週公開の3D映画
  • 11月第4週公開の3D映画
  • 11月のスターチャンネルの3D番組
  • 11月のスターチャンネルの3D番組
  • 10月のスターチャンネルの3D番組
  • 9月のスターチャンネルの3D番組
アクセスカウンター

    Amazonおまかせリンク
    このブログについて
    記事検索
    New3DS向け3D動画集
    New3DSのカメラで読み取って下さい
    オススメ3DSソフト
    オススメ3D機器
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    QRコード
    QRコード
    タグクラウド
    プロフィール

    3D3D3D