マダガスカル3の3Dレビューです。
この作品の3Dを一言で表すと、凄く良かった!




ドリームワークス作品は「長ぐつをはいたネコ」で初めてちゃんと観て、ちょっと自分には合わないかなと思っていたので、正直今作はあまり気が進みませんでした。
しかし、それでも観に行ったのは、「
長ぐつをはいたネコ」の立体感がかなり良かったからです。
まぁ、最近公開の3D映画はほとんど観ているから、というのもあるんですけどね。 
そしてこの作品の3Dは、期待した以上でした。

ちなみに、恐らくほとんど3D撮影だと思いますが、 additional 3D conversionだったかな?として、レジェンド3Dがクレジットされていました。
アメイジングスパイダーマン同様、いくつかのカットは変換したという事なのでしょうね。 


さて、前置きが長くなりましたが、3Dがどう良かったのかについて。

まず、全編通して立体感が強めです。 
予告編を観た時には、これは立体感強すぎなんじゃないかと思っていましたが、どうやら予告編は特に立体感の強いシーンばかりを選んでいたようで、実際にはそこまでではありませんでした。
全体的に強めではありますが、少なくとも私にとっては、目が疲れるほど強いという事はありませんでした。 
程良く強く、といった感じでしょうか。

それから、3D映えする演出が盛り沢山です。
ほとんどのカットが3Dの見所といっても過言では無いくらいだと思います。
作り手が、3D映像を楽しませたくて仕方がないという感じ。
これは、何でもアリのこの作品の作風だからこそ出来た事かも知れません。
文章だと良くわからないかも知れませんが、上に貼った予告編(2Dですけれども)を見ていただければ、なんとなくわかっていただけるのではないかと思います。 

あとは、3Dの誇張表現もなかなか面白かったです。
ラプンツェルのような、キャラクターと背景を別々の立体感で撮影してから合わせるというような事はしていないと思いますが、キャラクターのCGを巨大化させたり変形させたりといった誇張表現で、立体感を強調しているシーンがありました。
もしそういう表現ばっかりだったらアレですが、時々だったので、アリだと思います。

一つ、不満という程ではありませんが…
一部、イメージ映像のような演出のシーンがあるのですが、背景が無いので比較対象が無く、物やキャラの位置関係も良くわからず、他のシーンに比べると3D的な面白さが若干弱かったかなと思います。
単純に、詰め込み過ぎで立体感が薄くなっていたのかも知れません。

最後に音響についてですが、音響効果もとても上手く、効果音はもちろん、挿入歌さえも良い感じにサラウンドになっていました。
映像の立体感だけでなく、音響の立体感も良く出来ていました。


そういう訳でこの「マダガスカル3」、
ステレオ3D映像作品としてはとても満足度が高いです。
楽しい3D演出という意味では、ラプンツェルを超えたと言っても良いかも知れません。
オススメです。


ちなみに内容は、結構笑えて面白かったです。
シリーズ初見の私は特に感動とかはしませんでしたが、シリーズを見ている人にはグッとくるものもあるのかも知れません。